リノベ なう!

どんどん出来上がる

今まさに施工中の様子を随時お届けしています。

名古屋市瑞穂区スタッフ柳田邸マンションリノベーション

【名古屋市瑞穂区スタッフ柳田邸マンションリノベーション】施主現場打ち合わせ

業務の合間を縫って、施主の柳田さんが現場を見に来ました。
 
普段お客様の現場を見ることが多いですが、
自分の家となると見え方も変わりますよね。
220928-2
 
大工工事も進んでいます。
床はヘリンボーン仕上げ。
湿度変化による伸縮に備えて、トランプで隙間を開けながら施工しています。
220928-3
 
R部分もとても綺麗に仕上がっています。
220928-5
 
お風呂に強いこだわりがある柳田さん、まだユニットバスが決めきれていないので、
この後の工事の進み方は変則的になりそうです。
220928-4

【名古屋市瑞穂区スタッフ柳田邸マンションリノベーション】大工工事:間仕切り造作

間仕切り壁の造作が始まっています。
寝室がリビングにぽっこり飛び出す間取りなのですが、
コーナー部分が曲線になっているので、圧迫感のない優しい印象に仕上がりそうです。

なお、浴室の壁のコーナー部分もRになっています。
220924-2
 
こちらは直径が小さい(r=150mm)ので、なんと紙管(ボイド管)でコーナー部分を作っています。
ボイド管の外径とぴったり合うように間仕切りを作る繊細な仕事です。
220924-4
 

おまけ。
ディレクターが洗濯室の出入り口の高さ確認をしている様子。
床を上げたため梁との距離が縮まったけど、高さ関係大丈夫かな?の図です。
長身のディレクターでも少し余裕があるので、標準身長の柳田さんなら全然大丈夫そうですね。
220924-3

【名古屋市瑞穂区スタッフ柳田邸マンションリノベーション】大工工事:床下地組み2

床の下地の合板が貼り終わりました。
腕利きの職人さんによる美しい仕事です。

【名古屋市瑞穂区スタッフ柳田邸マンションリノベーション】大工工事:床下地組み

大工工事が始まっています。
床は万協フロアーという二重床で下地をつくっています。
配管を取り回すスペースと、遮音性能を確保する役割があります。
 
なお、プレゼン時からのプランから、洗面などの水回りの配置が大きく変わりました。
施主の柳田さんの要望ではもともと浴室があった場所に洗濯機と洗面台を設置する予定でしたが、
躯体の状態が想定より悪かったため壁をふかすことになり、空間が狭くなって動線が悪くなるという結論になりまして。
設計変更の打ち合わせの様子
 
▼当初のプラン
220723-6
 
▼変更後のプラン
洗面台は寝室&クローゼットのすぐ隣にお引っ越しです。
朝の身支度の動線がコンパクトになりました。
220916-2
 
洗面にする予定だった場所は、脱衣所兼洗濯&室内干しスペースに。
猫トイレスペースもキッチン横から洗面横に移動し、
衛生的にもよりよいプランになりました。
 

【名古屋市瑞穂区スタッフ柳田邸マンションリノベーション】先行配管工事

いよいよ始まりました。
リノベーション工事。
 
まずは電気と給排水の先行配管工事から。
新しく作られる水回りの場所に合わせて、配管していきます。
220903-2
 
床スラブに穴が空いていたので(こんなマンション初めて見ました…!)、
グラスファイバーとウレタンフォームで塞ぎました。
この上にさらに遮音性の高い二重床を組むので、音漏れの心配がなくなって安心です。
220903-3
220903-4
220903-5