CASE02 one's own standard

リードコピー

ライフステージに合わせて育つ家

T様は2歳と0歳の女の子がいるファミリー。 お子様が小さいとき、個室が必要になったとき、ライフステージに合わせてお部屋の役割を変えていけるように計画しています。 お子様の成長とともにおうちも成長する、そんなおうちです。

リードコピー

思い出の地をイメージして

旅で訪れた、家族の思い出の地をイメージしてデザインされたT様のおうち。アーチ型にくり抜かれたサンルーム、柄タイルなどこだわりのポイントが隅々まで生かされています。 あちこちにつくった小さな居場所では、家族のおしゃべりもはずみます。

リードコピー

サッと隠せるキッズスペース

リビングの一角には子どもたちがのびのび遊べるキッズスペース。 お母さんがごはんを作っていても、お父さんがリビングでくつろいでいても、いつも子どもたちの気配を感じることができます。 扉がついているので、おもちゃを思いっきり散らかしても来客時にはサッと隠すこともできます。 そして子どもたちが大きくなったら、ここは夫婦の主寝室に役割を変える計画です。

リードコピー

子どもと大人が楽しみを共有

お父さんの本がぎっしりと詰まった書斎は、型ガラスからほんのり明かりが漏れるほどよい篭り感のあるスペース。キッズスペースとも繋がっていて、大人も子どもも一緒に楽しみを共有できるのが嬉しいです。

リードコピー

おしゃべりの弾む楽しい空間

書斎で読書をしたり、リビングのハンモックでくつろいだり、サンルームでおしゃべりしたり・・・。 皆が自由に何かをしながらも、お互いの気配を感じられます。 家族が長く、楽しく暮らせる、新しい思い出がいっぱいできる住まいになりました。

BACK