リノベ なう!

どんどん出来上がる

今まさに施工中の様子を随時お届けしています。

8LOG(エイトの日常)

【8LOG】リノベーションで、二世帯住宅に

名駅徒歩圏内の一戸建てリノベーション。
玄関土間から書斎、キッチンに直接つながる動線。
趣味の道具のメンテナンスもできる、ゆとりのスペース。
ご実家をリノベーションして二世帯住宅にした事例です。
 
8/25(土)にこちらのおうちのリノベーション見学会を開催させていただけることになりました。
詳しくはこちら。
名古屋市中村区 鉄骨造一戸建てリノベーション見学会

【8LOG】カブトムシの家

カブトムシをおうちで飼うのに、インテリアとしてもおしゃれな虫かごが欲しいなぁ、と思って企画しちゃいました。
オリジナル虫カゴづくりワークショップ 
レザーのベルト付きなので、いっしょにお出かけもOK。
カブトムシのためのおしゃれなおうちを一緒につくりませんか?
 
エイトデザインが運営するインテリアショップEIGHT TOWNは、DIY好きを応援します!

【8LOG】メゾネットマンション

天白区のメゾネットタイプのマンション。
住戸のフロアが1Fと2Fに分かれていて、マンションだけど一戸建て感覚で住むことができます。
こちらのおうちは1Fは自転車などを置けるフリースペース。
2Fにキッチンなどの居住空間を。
 
子育て世帯が伸び伸び暮らせるリノベーション事例です。
8/18(土)に見学会を開催することになりました。
お施主様自らご案内してくださいます。
住まいづくりでどんなことを心がけたのか、
大変だったこと、楽しかったこと、ざっくばらんに聞いてみてくださいね!
 
 
詳しくはこちらから
名古屋市天白区マンション M様邸リノベーション見学会
 
180808-01

【8LOG】8JUKU住宅版

一生に一度の家づくり「失敗しない」方法を学ぶ。8JUKU住宅版始まります!

こんな暮らしをしたい!その理想をマイホームでしっかり実現するにはコツがあります。それは、知識を身につけ、正しい決断をすること。
一生に一度の家づくり。終わった後「最初から知っていれば、このデザインにしたのに…!」そんな後悔をお客様にして欲しくない、だから私たちは「失敗しない」方法を学ぶ塾を開講します。
10年にわたって培った家づくりのノウハウを余すことなく提供します。そして家づくりを一緒に進める施主仲間との情報交換の場も。
まずは一期生の募集を開始します。

https://eightdesign.jp/study/juku/

【8LOG】猫棚

設計中のマンションリノベーション。
ねこが遊べるキャットウォーク、猫棚の仕様を検討中。
事務所のテーブルはホワイトボードになっているので、直接描いたりしています。

【8LOG】8まつり、ありがとうございました!

2日間にわたって開催された8まつり
暑い中たくさんの方に遊びに来ていただきました。
本当にありがとうございました!
浴衣を着たキッズたちがたくさん来てくれてかわいらしかったです。

ビンゴや縁日、かき氷など大盛り上がり。
初めて開催したヘアアレンジも大好評。
こちらはEIGHT TOWNのレギュラーイベントとして今後も開催することになりました。
次回の8まつりは10月末、ハロウィンです。
どうぞお楽しみに。
IMG_5125
IMG_5126
IMG_5135
IMG_5172
IMG_5174
IMG_5176

【8LOG】オープンライフ

先日は名古屋市南区で一戸建てリノベーションのオープンハウスでした。
施主のM様にはいつも良くしていただいて、来場された方にもとても喜んでいただけました。
本当にありがとうございます。リノベーションした後も、ずっとこうやって仲良くしていただけていること、スタッフ一同とても幸せです。
 
「リノベーションしてみて、ほんとのところどうだった?」
お施主様の生の声を聞けるリノベーション見学会-オープンライフ。
いつも大好評をいただいています。
また次回も企画中です。

【8LOG】YUKATA×8まつり

7月21日(土)、22日(日)は名古屋市鶴舞で「YUKATA×8まつり」!

一緒に楽しい思い出を作りましょう!

https://eightdesign.jp/event/8matsuri/

【8LOG】ハチラボ

今日は毎週恒例の設計チームの勉強会「ハチラボ」です。
新しいトピックスを共有したり、
法規について再確認したり。
時にはオフィスを飛び出してユニークな実例を見学しに行ったり。
 
常に良いデザインを届けるため、
勉強したいこと、みんなに教えてあげたいこと、スタッフみんなで共有しています。

【8LOG】現地調査

新しくマンションリノベーションのプロジェクトが始まります。

プレゼンテーションの前に、プロジェクトチームで現地調査に行きました。
現況の間取りはもちろん、
ユニットバスの点検口を開けて躯体の状況を確認したり、
給排水、排気のルートを確認します。

躯体の状況や配管のルートによって実現可能なプランが変わってくるので
事前の調査はとても重要です。