エイトデザインによる名古屋の賃貸リノベーション専門サイト

賃貸物件のリノベーション

名古屋のリノベーション専門のデザイン事務所【エイトデザイン株式会社】

名古屋のシェアハウス事情

2012.07.28更新

シェアハウスという言葉、近頃は名古屋でも聞くようになってきました。東京方面では何年も前からブームになっています。「シェアする暮らし、実際のところどうなの?」気になる人も多いと思います。というわけで、エイトデザインが手がけたシェアハウスの様子をちょこっとご紹介します。

ルームシェアとはちょっと違う

ひとつの住まいに複数の人で暮らすということで、ルームシェアやハウスシェアと似ているように思われます。でも実はちょっと違います。
ルームシェアの募集は入居者同士で、家賃も折半して大家さんに支払う、という感じですよね。一方、シェアハウスには住人以外の運営会社(管理人)がおり、入居者は個別に運営者と入居契約を結びます。家賃も管理人に支払います。

家賃を安くするためではない

名古屋は東京とは違い、一人暮らし用の物件の家賃は安いです。同じ広さなら、6割くらいの金額で借りれるのではないでしょうか。そのため、シェアしなくても家賃が家計を圧迫しすぎる、ということは少ないです。 では名古屋でわざわざシェアハウスを選ぶ理由って何でしょうか?

一人暮らしにはない刺激を求めて

エイトデザインが手がけたシェアハウスへの入居希望をする方はほとんど、「職場以外でもお互いを刺激し合い、またリラックスもできる新しい人間関係を作りたい」という理由のようです。
同じような趣味や目標をもつ仲間が近くにいると、毎日がいっそう楽しいですよね。アトリエつきのシェアハウス桜山では、ハンドメイドが趣味の女子が集まりました。2012年8月末にオープンするコワーキングスペースつきのシェアハウス滝子はどうでしょう?いまのところ、ウェブデザイナーやグラフィックデザイナーなど、デジタル系の方々の入居希望が多いみたいです。

意外とみんなマイペース

でもやっぱり、お風呂やキッチンを他人と共有する暮らしって、鬱陶しくないのかなぁ、と気になるところ。そこで、シェアハウス桜山の様子をちょっとうかがってきました。
そうしたら、「意外とみんなマイペース」とのコトでした。個室にいるときに、わざわざ呼びに行ったりはしない。おしゃべりしたくなったら、なんとなくリビングに集まって、一人になりたい時は放っておいてくれる。出勤や帰宅するタイミングもバラバラなので、共用設備を使うタイミングがかぶったり、ということは意外と少ないそう。
ほどよい距離に仲間がいる、そんな感じです。
マイペースな暮らしですが、入居者はみんなとっても仲良し。全員で一緒に旅行に行ったりも。そして管理人さんはみんなのお父さん的存在。エイトデザインのスタッフがお邪魔した時は、昼からみんなで酒盛りしていました。
「ただいま」のある暮らし、なんかいいですね。

シェアハウス滝子、2012年8月末オープン!

名古屋初、コワーキングスペースつきのシェアハウスが桜山に誕生します。仲間と一緒に新しいことにチャレンジしたり、つくったり、そんな暮らしを求めている方、きっと楽しい毎日が待っていますよ!詳しくはWORKSページをぜひご覧ください。

桜山駅徒歩9分「シェアハウス滝子」

エイトデザインのつぶつぶTwitter

エイトデザインのfacebook

top